CODAトップページ » ニュース » お知らせ » 2014年・海外における日本コンテンツの海賊版による被害額を推計

2014年・海外における日本コンテンツの海賊版による被害額を推計

2016-03-31

 このたびCODAでは、2014年の海外における日本コンテンツの海賊版による被害額(海賊版による正規版収入への影響額)を把握することを目的とした調査を実施し、この結果を取りまとめました。
 調査では、映画・アニメ・放送・音楽・マンガの5ジャンルについて、2014年の海外における収入金額(※1)が1,234億円であるのに対し、海賊版による被害額(※2)は、2,888億円に上ると推計されました。
 CODAでは引き続き、海外での著作権侵害への有効な対策を実施し、正規版流通のための環境作りを目指し、活動してまいります。
 なお本調査は、経済産業省委託事業の一環として行われました。


  1. CODAが2015年度に外部調査会社に委託して実施した「海外での日本コンテンツの市場規模調査」に基づく5ジャンルの「収入金額」である。なお、「収入金額」とは「実際に企業が得た金額」の推計を指す。 

  2. CODA企業会員社33社を対象に実施したアンケート調査「海外におけるコンテンツ収入及び海賊版の推定被害額等」によって、導き出された係数(海賊版による正規版収入への影響)を「海外における収入金額」に乗じることによって算出した。
    被害額(推計)は、海外における収入金額に基づき計算していることから、海外展開されていない作品の海賊版による(潜在的な)被害は考慮されていない。 

  • なお、前記市場規模調査では、「小売価格に販売数量を乗じた金額」である「売上金額」は3,994億円であり、これを用いて同様に推計した場合、被害額の推計は9,348億円となる。 



【本件に関するお問い合わせ】
 CODA事務局 担当 墳﨑(ツカサキ)
webmaster@coda-cj.jp

ページトップへ