CODAトップページ » ニュース » お知らせ » 「AnimeJapan2015」にMAGPがブース出展

「AnimeJapan2015」にMAGPがブース出展

2015-03-24

 2015年3月21、22日に東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan2015」に、CODAが事務局を務めるManga-Anime Guardians Project(MAGP)が出展しました。

  AnimeJapanは、日本を代表するアニメ関連企業・団体が集結する日本最大級のアニメイベントであり、2014年3月に第1回目が開催され、2回目となる今回は、12万人を超える人が会場を訪れました。


 MAGPでは、海賊版対策ブースを設置し、「JOIN US, FRIENDS.」(コラボイラスト)のビッグパネルを設置したり、コラボイラストがデザインされたオリジナルクリアファイルのプレゼントなどを行いました。あわせて、事業の結果をまとめたパネル展示や「Thanks,Friends」(アニメとマンガのありがとうシーンをまとめた映像)の上映等を通して、来場者に広く活動を知ってもらうことに繋がりました。

 また、22日には、セミナーステージにおいて、集英社の鳥嶋和彦氏、アニプレックスの夏目公一朗氏、SKE48松井玲奈さんによるトークセッションを行いました。MAGPの活動の成果として、2014年8月から約半年の間で約71万件の違法アップロードを削除したこと等を報告し、トークセッションでは、より早く正規版を配信する必要があるとの議論が行われました。

ブースでの説明に熱心に耳を傾ける来場者

ビッグパネルの前で記念撮影を行う来場者

ページトップへ