CODAトップページ » ニュース » お知らせ » 知財啓発イベント「ほんと?ホント!フェア in インドネシア」開催のご案内

知財啓発イベント「ほんと?ホント!フェア in インドネシア」開催のご案内

2015-02-12
 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA・桐畑敏春代表理事((株)ポニーキャニオン 代表取締役社長))は、2015年2月21日、インドネシア知的財産権総局(DGIPR)、日本国文化庁が主催する一般消費者を対象とした著作権普及啓発イベント「ほんと?ホント!フェア in インドネシア」 “SAY NO TO PIRACY - Copyright Save Your Future -”をインドネシア共和国バンドン市にて開催いたします。
 このイベントは、DGIPRと文化庁の協議において、インドネシア国内における普及啓発の重要性が確認され、それに対する日本からの支援が求められたことを受け、日尼の官民が協力して実施するものです。 
 インドネシアで同イベントを開催するのは、2014年の首都ジャカルタでの開催に続き、今回が2回目です。今年度はバンドン市にあるパジャジャラン大学において、大学生及び教員を対象とし、シンポジウム形式で開催いたします。
 当日は、インドネシア知財総局から解説者を招き、昨年10月に改正されたインドネシアの改正著作権法のポイントレクチャー、現地関連団体等を交えてのパネルディスカッション、「著作権○×クイズ」等を実施いたします。
 その他、正規品と模倣品の展示、第2シリーズ放映が始まった日尼共同制作特撮ヒーロー番組 「BIMA Satria Garuda(ガルーダの戦士・ビマ)」や日本コンテンツの上映も行います。
 インドネシアの次代を担う若者、その教育者たる教員の方々が、直接的にコンテンツを「見ること」「触れること」で、著作権に対する意識が高まることを期待しています。


「ほんと?ホント!フェア in インドネシア」
SAY NO TO PIRACY -Copyright Save Your Future-
概要

 日時:2015年2月21日(土)11:00~17:30(予定・現地時間)
 場所:インドネシア共和国 バンドン市 パジャジャラン大学構内
 主催:インドネシア知的財産権総局(DGIPR)、日本国文化庁(JCO)
 共催:CODA
 協力:不正商品対策協議会 The Anti-Counterfeiting Association(ACA)
    独立行政法人 国際協力機構Japan International Cooperation Agency(JICA)
 

ページトップへ