CODAトップページ » ニュース » お知らせ » CODA、組織基盤強化を目指し一般社団法人へ

CODA、組織基盤強化を目指し一般社団法人へ

2009-02-06

 2009年2月6日に開かれたCODAの臨時総会で、CODAの組織を平成21年4月より一般社団法人に改めることが承認されました。
 CODAは2002年8月の設立以来、任意団体として、中国、香港、台湾での海賊版摘発などの侵害対策を中心に活動を行ってきましたが、現在は海外の団体に委託して実施しているこれらのエンフォースメント活動を今後は独自体制で行うことや、人材育成、侵害対策に関する情報蓄積等の機能の充実を図るなどの組織の基盤強化を目指して一般社団法人化を決定したものです。
 臨時総会では、新組織への移行に関する手続き業務が幹事会に一任され、3月下旬に新組織の設立総会が開催される予定です。

ページトップへ