CODAトップページ » ニュース » お知らせ » 平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(知的財産権侵害対策強化事業)電子透かしに関する検証業務 委託先の公募について

平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(知的財産権侵害対策強化事業)
電子透かしに関する検証業務 委託先の公募について

2013-08-09

 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は、経済産業省より受託した「平成25年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(知的財産権侵害対策強化事業)」の一環として、電子透かしに関する検証を計画しており、本件業務(以下、「委託事業」と記載)の委託事業者を、下記要領にて募集します。

1.委託事業の概要

(1)委託事業の目的

 知的財産権侵害対策強化事業は、海外において氾濫している知的財産侵害問題に対し、コンテンツ業界内及び他の産業界との連携を促進することにより、知的財産権侵害対策の一体化、情報の共有化を図るとともに、現地政府機関・政府関係機関及び海外権利者団体等と交渉・協力し、知的財産権を総合的に行使することによる産業財産権の保護を目的としています。
 本委託事業は、平成24年度事業で実施した動画の電子透かしの技術検証の成果を踏まえ、我が国コンテンツ業界における有効性(実装の可能性)等について検証を行い、併せて、米国大手映画会社が採用する音声への電子透かし技術についても検証を行うことを目的とします。

(2)委託事業の内容

 以下の調査業務を実施する。またその成果を、報告書にまとめる。

 1. 電子透かしに関する検証

  1)動画の電子透かしの有効性(実装の可能性)等の検証

  2)音声の電子透かし技術の検証

  3)電子透かしの導入・運用に関する提案

(3)契約形態

 委託契約とします。

(4)委託事業採択件数

 採択件数は1件とします。

(5)委託事業の実施期間

 委託事業の実施、成果物の納入は、契約締結日から平成26年2月末日までの期間に設定するものとします(当機構と調整のうえ、設定します)。

(6)委託費の額

 9,000千円(税抜き)を上限とし、申請内容を当機構と調整のうえ、契約金額を決定します。

2.応募期間

 公募開始日 平成25年8月9日(金)

 公募締め切り日 平成25年8月28日(水)17時必着

3.問い合わせ先

 〒102-0082 東京都千代田区一番町23-3 日本生命一番町ビルLB
 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構
 事務局 坂田
 FAX:03-3512-3908
 E-mail:s-sakataATcoda-cj.jp
 (E-mailアドレスは‘AT’を‘@’に置き換え、ご利用ください。)


 ※お問い合わせは、FAXまたは電子メールをご利用ください。問い合わせ受付締め切りは平成25年8月26日(月)13時までとさせていただきます。
 ※お問い合わせは、申請書類の記載方法や公募要領の記載内容の確認に限ります。

4.公募要領等

 ・公募要領(PDF形式・140KB)

 ・申請書様式(公募申請書、公募提案書、公募申請受理票)(Word形式・45KB)

 ・記入要領(PDF形式・55KB)

 ・参考資料:

  ・CODA「平成24年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(知的財産権侵害対策強化事業)実施報告書」(経済産業省サイト・PDF形式・8.64MB)

  ・別添2「電子透かし技術の最新情報の収集・調査および検証」部分(抜粋)(PDF形式・558KB)

ページトップへ