CODAトップページ » ニュース » お知らせ » 「ファスト映画」アップローダーを逮捕

「ファスト映画」アップローダーを逮捕

2021-06-23
 宮城県警察本部と塩釜警察署は、2021年6月23日、YouTubeを通じて映画を権利者に無断でアップロードしていた容疑者3名を著作権法違反の疑いで逮捕しました。
 容疑者らは、2020年6~7月の間、東宝(株)が著作権を有する「アイアムアヒーロー」ほか2作品及び日活(株)が著作権を有する「冷たい熱帯魚」ほか1作品を権利者に無断で10分程度に編集し、ナレーションをつけるなどした上でYouTubeにアップロードし、広告収益を得ていました。
 本件は、宮城県警からの捜査をうけ、CODAが本年度より本格的に取り組んでいる「国際執行プロジェクト(CBEP)」にご協力をいただいております中島博之弁護士(CBEP・リーガルディレクター)が先行して国際執行手続を行い、法的に裏付けのある被疑者情報を取得した後、CODAにおいて被害権利者の取りまとめをし、今回の摘発に至ったものです。

 映画やドラマなどの結末を含むあらすじを10分程度に短く編集したものは「ファスト映画」と呼ばれ、YouTubeなどの動画投稿サイトを中心に視聴数を集めて問題となっています。今回逮捕された容疑者ら以外のアカウントにおいても、CODAが確認したものでは700万回近く再生されている動画も存在しており、アップローダーはこれら広告収入を不当に得ているものと思料されます。

 CODAでは、悪質なアカウントについては、海外のプラットフォーマーに対しても国際執行手続を行い、アップローダーを特定するなど対策を進めて参ります。
また、これら動画を視聴する行為は、犯罪者に間接的に収益を与え、さらには作品を作り出す権利者の利益を損ねているという事実をぜひ知っていただき、安易な視聴は控えていただくようお願いいたします。

ページトップへ