CODAトップページ » ニュース » お知らせ » マレーシア・ジョホールバルでトレーニングセミナーを実施

マレーシア・ジョホールバルでトレーニングセミナーを実施

2017-10-31
 2017年10月31日、CODAはマレーシア・ジョホールバルのニューヨークホテルにおいて、文化庁受託事業であるトレーニングセミナーを実施しました。
 ジョホールバルは、マレー半島最南端に位置するマレーシア第二の都市であり、CODAがマレーシアで開催するトレーニングセミナーは、クアラルンプール、ペナンに続き、今回が3回目です。
 セミナーは、マレーシア知的財産公社(MyIPO)の協力により開催され、マレーシア国内取引・協同組合・消費者省(MDTCC)の取締担当官を中心に、78人が参加しました。
 セミナーでは、東映アニメーション(株)の高橋陽史氏にご協力いただき、最新の著作権侵害対策事例や日本コンテンツに関する真贋情報の提供などを行いました。

 なお、2017年11月2日に開催された知財戦略本部の第1回検証・評価・企画委員会 産業財産分野・コンテンツ分野コンテンツ会合において、「知的財産推進計画2017」の取り組み状況が発表され、その中でも「2020年とその先の日本を輝かせるコンテンツ力の強化」の一環として、CODAのトレーニングセミナーについても報告がなされました。


ページトップへ