CODAトップページ » ニュース » 海外での著作権侵害事件 » 中国・上海市「CCG EXPO」でキャラクターの偽物グッズを撤去指導

中国・上海市「CCG EXPO」でキャラクターの偽物グッズを撤去指導

2017-09-12
中国国际动漫游戏博览会组委会(第十三届中国国际动漫游戏博览会主办方)
一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)

 中国国际动漫游戏博览会(CCG EXPO)運営当局である中国国际动漫游戏博览会组委会と日本コンテンツの業界団体である一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は、2017年7月6日~10日に中国・上海市で開催された「中国国际动漫游戏博览会(CCG EXPO)」において、日本コンテンツのキャラクターの偽物グッズを販売していた少数に対し、偽物グッズの撤去指導を共同で実施しました。

 店舗は、日本の会社が著作権を有する、「ONE PIECE」、「ドラゴンボール」、「スラムダンク」、「聖闘士星矢」、「機動戦士ガンダム」シリーズ、「名探偵コナン」、「夏目友人帳」、「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」、「君の名は。」、「干物妹!うまるちゃん」、「ポケットモンスター」の12作品のキャラクターを用いたフィギュア、ぬいぐるみ、日用雑貨、文房具などを権利者に無断で販売していたため、中国国际动漫游戏博览会组委会の担当者と権利者が一緒に撤去指導を行い、その場で出品を取り下げさせました。
 このように、中国の展示会において、中国のイベント主催者と日本コンテンツの権利者が共同して著作権に基づき偽物グッズ対策を行ったのは初めての試みです。中国における偽物グッズ対策の今後に繋がる大きな成果となりました。日本においても、今回の取り組みは高く評価されています。

 このような偽物グッズは正規品の出品・流通を妨げるものであり、イベント来訪者に正規品を届けるためにも、中国国际动漫游戏博览会组委会とCODAは今後もこのような偽物グッズの販売を積極的に排除していく所存です。

商品撤去の様子(動画)はこちらをご覧ください。

販売されていた偽物グッズ

撤去指導の様子


【参考】

ページトップへ