CODAトップページ » ニュース » お知らせ » EU、英国の関連団体を訪問

EU、英国の関連団体を訪問

2017-06-25
 CODAの後藤健郎代表理事、大塚竜也部長は、2017年6月19日から25日にかけて、オランダ・アムステルダム、英国・ロンドン、ドイツ・ベルリンを訪問し、関係する政府機関・団体との協議を実施したほか、現地の市場調査を行いました。

 まずオランダ・アムステルダムでは、エンフォースメント活動を積極的に行う著作権保護団体のBREIN(英語名:Protection Rights Entertainment Industry Netherlands)を訪問し、彼らの行う活動やその狙いなどについての情報交換を行いました。

 次に、英国・ロンドンでは、昨年12月にCODAが招へいし、講演を行っていただいたラトクリフ警部が指揮する英国警察知的財産犯罪ユニット(PIPCU:Police Intellectual Property Crime Unit)を訪問し、オンライン上の最新の著作権侵害捜査などについて協議を実施しました。

 さらに英国で著作権保護活動を行うFACT(Federation Against Copyright Theft)も訪問し、オンラインでの侵害対策や、問題となっているセットトップボックスへの対応などについて情報交換を行いました。

 ドイツ・ベルリンでは、モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)のベルリン支部代表と意見交換し、ドイツでのサイトブロッキングの状況や、周辺の法律やその影響などについて情報共有いただきました。

オランダ・BREIN訪問の様子

英国・PIPCU訪問の様子

英国・FACT訪問の様子

ドイツ・MPAベルリン支部訪問の様子


ページトップへ